男性

建物管理力に優れている東急コミュニティー|評判をチェック!

  1. ホーム
  2. 家賃滞納問題の解決策

家賃滞納問題の解決策

婦人

賃貸経営者の手から離れる

賃貸経営を行う際、まず問題となるのは入居者がいないことですが、その問題をクリアしても家賃滞納という問題が残ります。この問題をクリアする手段としては敷金を多めにとる、家賃をクレジットガード払いにする等ありますが、近年、多く用いられているのが、入居者に入居の条件として家賃保証会社と契約させることです。家賃保証会社とは、入居者に家賃滞納があった場合、代わりに支払いをしてくれる会社です。そればかりか、督促や回収といったことも行いますから、家賃保証会社と契約してもらってさえいれば、家賃滞納問題は賃貸経営者の手から離れることになります。家賃の保証は本来、連帯保証人が担う役割ですが、家賃保証会社の方が信頼性が高いので、連帯保証人がいても家賃保証会社との契約を入居の必須条件にするケースが増えています。

会社の経営状態を必ず確認

但し、問題点もあり、それは家賃保証会社の倒産です。倒産されてしまうと、当然、家賃の保証はなくなります。今のご時世、家賃滞納は多く、それに伴い、回収できないことも多く、それ故に家賃保証会社の倒産という事態は結構発生しているのです。従って、経営状態の良い家賃保証会社を賃貸経営者が自ら選び、入居者に紹介するというのが良い方法だと言えます。また、家賃保証会社以外にも家賃を保証する会社があり、例えば、賃貸管理会社の中には家賃の保証をしている会社もありますので、そういった会社と契約するのも1つの手段です。ただ、賃貸管理会社との契約は入居者ではなく、賃貸経営者となります。そして、もちろん、経営状態の良い会社と契約する必要があります。